メンズ

給湯器の故障前のサイン|良い業者の判断基準

給湯器交換で快適な生活

男の人

そうそう壊れることのないガス給湯器ですが、10年以上にもなってくるといろいろ不具合が出てきます。いざ、新しいものを取付けようとガス給湯器の購入を考えた場合、どれを購入したらいいか分からない場合があります。

もっと詳しく

給湯器の故障は突然

給湯器

給湯器が突然故障して、お湯がでなくなったと慌てて業者に連絡するという人は少なくありません。給湯器は壊れる前に何らかの異変が生じます。例えば、異音がしたり黒い煙が出ている、お湯の温度が設定温度よりもぬるいなどの症状は故障寸前のサインです。基本的に給湯器は約10年から15年ほどの耐用年数といわれています。各メーカーで安全上支障がないとされている期間は約10年としていることがほとんどです。この期間をすぎると基盤壊れて故障するといったことがありますが、ここまで年数が経過している場合は、そもそもその商品の交換用部品がなくて修理に対応できないといったことがあります。そのため、耐用年数の約10年から15年はその時が新しい給湯器への買い替え時期と思っていたほうがよいでしょう。仮に故障した箇所が修理ができるという場合でも、基盤を変えるなどの場合はその部品代だけで約5万円、更に交換に別途手数料が発生します。業者によって、1万円から修理してくれるところもあります。
業者に依頼する場合には、対応可能なメーカーが依頼する給湯器のメーカーと一致するかどうかを確認しておきましょう。また、業者を選ぶ際は、その業者の評価が見れる口コミサイトなども参考にしてみるとよいでしょう。口コミサイトは利用者の感想が書かれているので、選ぶ際の判断材料になります。技術力で見るのであれば、実績を確認しましょう。業者によってホームページに過去の実績を掲載しているところもあります。実績が多ければ多いほど、実力があり信用できる業者といえます。依頼前に、複数社で見積もりを行なって相場を見ておくとよいでしょう。

工事着工までの流れ

給湯器

給湯器の工事は約1時間ほどで終わります。しかし、その工事を行なうまでにはどういった流れになるのかと気になるかと思います。電話で依頼をして取付工事から終わりまでの流れをみてみましょう。

もっと詳しく

同業者による費用の違い

作業員

同じ埼玉の給湯器取り替え業者でも、依頼するとなると費用が全く違ってきます。それは内訳に含まれる給湯器が影響しています。同じ給湯器で仕入れ値が見積もり時の費用に反映されてくるので、複数社で見積もって相場を把握しておきましょう。

もっと詳しく